横浜市青葉区・青葉台の歯医者・小児歯科の松風台アニュー歯科クリニック

診療案内

保育園医による小児歯科

小児歯科が得意な歯医者

お子さんにとって、はじめての歯医者さんはとても重要です。大げさに聞こえるかもしれませんが、お子様のお口の健康の一生を左右すると言っても過言ではありません。子どもの歯、お口のことを熟知した先生に診てもらうことが大切です。

女性歯科医師をご希望の方へ

歯医者へ恐怖心をお持ちのお子様など、女性の先生を希望の方は受付へお申し出下さい。
子育て経験があり・保育園医の女性歯科医師の副院長が担当させて頂いております。

スタッフ紹介はこちら>>

成長に合わせた予防歯科

ひとことで「子どもの予防歯科」と言っても、小さなお子さまと大きなお子さまでは異なります。

例えば、小さな子どもたちに虫歯を作りたくないからと言って、おやつをまったく与えないというのは難しいですし、少しかわいそうに思えます。子どもたちにとって、お菓子は大切なものですから、曜日によっておやつのある日を決めたり、虫歯になるリスクの高いものは控えるけれど、それ以外のものは食べていいことにするといったように、生活の中に虫歯のリスクを少なく抑えるためのメリハリを作ってあげることをお母様たちに提案しています。
高圧的に禁止するのではなく、お子さまとじっくり話し合いをして、ご家庭内のお約束として試されることをお勧めしています。

また小さいうちはお子さまも素直に口の中を見せてくれるので、親の目もしっかり行き届くのですが、小学校高学年ともなると、そのような簡単なことでさえ難しくなってきます。思春期にさしかかったり、反抗期になったりすると、仕上げ磨きもさせてくれなくなり、急激にお子さまの口腔環境が悪化することがあり要注意です。
このような時、親の話は聞こうとしなくても、私たち専門家の話は聞いてくれるものです。かかりつけのクリニックをうまく活用してください。

元気なこどもたち

定期的な歯のクリーニングの際に、虫歯リスクを減らすアドバイスをさせていただきます。

親子でできる、フッ素の習慣

「フッ素」については、皆様どこかで聞いたことがあると思います。
幼児がフッ素を歯に塗ってもらうとか、保育園や幼稚園でフッ素の水溶液でぶくぶくうがいをしている、それからテレビCMでも耳にしたことがあるでしょう。
最近の日本の歯磨剤のほとんどにフッ素が入っています。(フッ化物配合歯磨剤)
フッ素は、虫歯予防に様々な働きをしてくれます。

歯医者でのフッ素塗布

歯医者で行うフッ素塗布は、歯科医師と歯科衛生士(専門家)だけができる、フッ化物局所応用法となります。市販の歯磨き剤に含まれるフッ素より濃度が高いため、安全性の観点から医療機関で行う方法となっています。

ご家庭でのフッ素習慣

フッ素配合の歯磨き剤を継続的に使用することで、予防の効果はアップします。
フッ素が効果的に働くためには、フッ素を長くお口の中に留めておくことが大事です。
歯磨きをした後のお口のすすぎ過ぎには注意しましょう。水を口に含み、1回程度すすぐことがおすすめです。

歯医者で高濃度のフッ素を3か月に一回程度行い、ご家庭で低濃度のフッ素を毎日継続的に行うのが、最も効果的なフッ素習慣・虫歯の予防習慣だと思います。

虫歯ができてしまっても初期の段階であれば、フッ素の活用やその他のケアにより、改善が可能です。
フッ素習慣は、大人にも子どもにも有効な虫歯予防法です。親子で一緒に毎日のケアと、定期的に歯医者で専門家のケアを継続して、健康なお口元をつくっていきましょう。

子どもの歯並び・矯正歯科

お子さまの歯並び・矯正治療となりますと、お母さんもお父さんも、ご自身のこと以上に心配されます。 歯並びは、顔の表情にも影響が出てきますので、内面も変わってしまうのではないか?と、将来の心配をされる方も大変多いです。

当院では、歯を抜かない子どもの矯正・床矯正を行っております。歯を抜かずに、あごを拡げて歯を並べる矯正です。
お陰様で当院の床矯正の実績は1200以上。開院以来、多くの患者様にご来院頂いておりまます。

適齢期は、小学1年生くらいですがスタートは早いほど、矯正期間や治療費などのご負担が軽くなります。良いタイミングでスタートすることが、本当に大切なポイントです。

※歯並びと虫歯の関係
お子さまの歯並びについては、見た目に関心が行きがちです。しかし歯並びが悪いと、歯が磨きにくいことで虫歯や歯周病になりやすかったりします。また、噛む力やあごの発育にも影響が及ぶとも言われています。
将来の虫歯や歯周病のリスクを減らすためにも、歯が磨きやすい歯並びづくりも大切だと感じます。

少しでも気になる事がある方は、お気軽にご相談下さい。無料相談のご予約も受け付けております。

矯正歯科について 詳しくはこちら>>

ページトップに戻る