無痛治療・ドックベストセメントの虫歯治療 | 横浜市青葉区の松風台アニュー歯科クリニック

無痛治療

神経を残す虫歯治療法

当院では「できる限り歯を削らずに神経を残す」虫歯治療に力をいれています。ドックベストセメント療法・最新のレーザー機器を導入することにより、歯を削らず、神経を刺激しない治療ができるようになっています。

神経を刺激しませんので、痛みを感じることはほとんどありません。また、歯を削らないため、麻酔注射も行わずに治療を進めていくことができます。もちろん、歯の状態によっては利用できなこともありますが、ひと昔前に比べると、神経を残せる可能性は高くなっています。

痛くない・無痛治療への取り組み

患者さんが、痛み無く虫歯治療を終えるため、治療中に「神経を刺激しない」そして「麻酔注射は極力しない」ことを目指します。

歯医者・歯科治療に恐怖心をもってしまい治療をためらってしまっては、虫歯は悪化していく一方です。皆さまには、安心して治療を受けていただき健康な歯を維持してほしいと思っています。

削らない虫歯治療

ドックベストセメントというミネラル成分を含んだ特殊なセメントを患部に塗ることで、虫歯を治す「削らない虫歯治療」を行なっています。歯は、削れば削るほど弱くなり、削った周囲にひびがはいってしまうため、治療を繰り返すたびに寿命が短くなっていきます。

歯を削ることをなくして、体に優しい素材だけで虫歯を治していく治療です。削りませんので、もちろん痛みはありません。

●ドックベストセメント療法について
ドックベストセメント療法は、歯をできる限り残すことを目的とした治療です。虫歯になった部分は本来、削って治すという考え方が一般的でした。しかし、虫歯になった部分を意図的に残して治療していく方法が、ドックベストセメント療法です。

虫歯の状況によっては利用できなこともありますので、ご希望の方は診療の際にご相談ください。

痛くない・麻酔もしない虫歯・歯周病の治療

プラズマレーザー「ストリーク」という最新のレーザーを導入することで、麻酔をしない治療を目指しています。
この治療機器は、高出力レーザーと特殊な酸化チタン溶液により高温のプラズマ光球体を作り出し、その熱エネルギーによって治療を行います。

プラズマの熱エネルギーには、神経の感覚を一時的に麻痺させる働きがあるため、ほとんどの虫歯や歯周病治療、レーザー治療の適応になる様々な治療、そして歯の耐酸性を高める歯質強化処置も麻酔をしなくても痛くなく行えます。

このように当院では、こどもも大人も安心できる治療を行っております。些細な事もお気軽にご相談ください。皆さまが1日も早くご来院されることが、痛くない治療ができる大切な第一歩です。

できる限り痛くない麻酔治療

当院では、治療で麻酔をしないという選択肢もご用意していますが、麻酔治療でも痛みを感じないよう最善の注意を払っています。

麻酔注射が痛いと感じてしまうのは、注射の針を刺すときの圧力が原因です。この圧力が軽減されれば、痛みは緩和されます。

麻酔針を刺す前に、歯ぐきに表面麻酔を塗ることで、痛みの感覚を失くしたり、少しずつゆっくり麻酔液を注入していくことで、歯ぐきへの負担(圧力)を抑えることが可能となります。

患者さんがどの治療法を選択されたとしても、できる限り痛みや怖さを感じないよう治療を進めています。お子さまやご高齢の方、歯医者さんが苦手な方も安心してご来院ください。

ページトップに戻る