子供の歯並び・矯正歯科は、横浜市青葉区の松風台アニュー歯科クリニック

診療案内

矯正歯科

一回削った歯、抜いた歯はもとには戻れません。現在の歯科治療は生涯につながります。
さまざまな治療がありますが、当院の矯正歯科では、歯を抜かずに治す床矯正に取り組んでおります。大切なあなたの歯・こどもの歯を、大切に守り続ける習慣を幼いころから身に付けてほしいと願っています。

お子さまの歯並び、心配ごとはございませんか?

●生える位置が正しくない
上・下の歯の咬み合わせがおかしい、変な所から歯が生えてきている

●交叉咬合(こうさこうごう)
咬み合わせが交叉している

●上顎の叢生
歯の生えるスペースがなく、並びきれていない

●下顎の叢生
顎が小さくて歯が並びきれていない

●反対咬合(受け口)
咬み合わせが逆になっている

●下顎の後退
下の顎が後退して上顎の前歯が出て見える

●過蓋咬合(かがいこうごう)
前から見ると下顎の前歯が見えない

●前突(出っ歯)
前歯が飛び出している

●正中離開(せいちゅうりかい=空きっ歯)
真ん中の前歯の2本の間が開いている。

●開咬(かいこう)
前歯が開いている

不正歯列にはいろいろなケースがあります。
詳しい症例はこちら(床矯正研究会WEBページ)>>

実は、ちょっとした悪習慣が結果的に歯並びに影響します・・・

  • 指を咬む行為は、前歯は「出っ歯」になります。
  • 下顎を押しつけた姿勢は、臼歯の咬み合わせが反対になってします。顔も曲がって成長する可能性もあります。
  • 下顎を押しつけて本を読む行為は、下顎が後退してしまいます。
  • 舌を咬むだけで、前歯が閉じなくなります。
  • 唇をなめる、これだけで歯は「出っ歯」になります。

歯並びは、ちょっとした悪習慣でも悪くなっていきます。
少しでも早い段階で、良い習慣を身に付けることが大切です。

歯並び矯正治療は、早ければ早いほど治りも早いです!

実は歯並びは、早期に治療すれば、歯並びは簡単に治るものもあります。

上下の前歯の噛み合わせが反対になっているケース

歯が反対になっています。奥歯はしっかりと咬んでいます。
このまま様子を見ていても、悪くなるだけです。
装置で前歯を押します。

前歯が出ているケース

前歯の前に付与したワイヤーで前歯を後ろに押します。
早期での治療方法は簡単です。

下の前歯が重なっているケース

床を拡げて、下顎を拡大します。
下顎の拡大後はワイヤーで歯をサンドイッチにして、歯の位置を修正します。
非常に簡単に治ります。

顎は、拡がらないと思っている患者さんがほとんどです。
顎が拡がれば歯は抜かずにすみます。
どんな症状もあきらめてはいけません。
一度抜いた歯は生えてきません。
放置すればするほど、治療は大変になります。
おかしい?と、気がついた時点で矯正治療を開始するべきです。

矯正の費用

早期に治療を開始すれば、装置の数も少なく費用も時間もかかりません。
矯正を始めようか検討される場合「少し様子をみよう」を思われるかたも多いことでしょう。
親が見て、おかしいかな?と感じる状態は、歯科医師の立場から見ても何か問題があることがほとんどです。
また症例によっては、費用と時間がかかってきます。
様子を見ていて手遅れにならないよう、どうか一度ご相談に来てください。
相談は無料です。

早期の治療なら、初診料・検査代を含めて10万円位で治せます。

下記は当院での治療費の目安です。

■精密検査費 ¥30,000(税別) 1装置代金 ¥70,000(税別)

■定期検査費 ¥1,500(税別) 修理代金 ¥1,500~¥5,000(税別)

歯並び矯正の専門の歯科医師へご相談ください。

当院では、歯を抜かずにあごを拡げて歯を並べる床矯正を行います。
お陰様でこれまでの床矯正の実績は1200以上、神奈川県内でも特に症例の多い歯科医院の一つです。
無料相談では、これまでの症例をご覧頂きながらご説明ができます。
「こんな悪い歯並びでも、本当に歯を抜かずに治るのかなぁ?」と、心配な方も、ぜひ一度ご相談下さい。

ページトップに戻る