矯正歯科

矯正歯科について

当院の矯正歯科では、歯並びをキレイにすることで、大切な皆さまの歯を、生涯にわたって守ることを大切にしています。ご自身の歯を大切にする習慣を、幼いころから身に付けてほしいと思っています。

不正歯列の種類

不正歯列(悪い歯並び)といっても、さまざまなケースがあります。不正歯列は、矯正歯科治療によって改善することができます。

図:不正歯列の種類

図:不正歯列の種類

生える位置が正しくない

上・下の歯の咬み合わせがおかしい、変な所から歯が生えてきている。

交叉咬合(こうさこうごう)

咬み合わせが交叉している。

上顎の叢生

歯の生えるスペースがなく、並びきれていない。

下顎の叢

顎が小さくて歯が並びきれていない

反対咬合(受け口)

咬み合わせが逆になっている

下顎の後退

下の顎が後退して上顎の前歯が出て見える

過蓋咬合(かがいこうごう)

前から見ると下顎の前歯が見えない

前突(出っ歯)

前歯が飛び出している

正中離開(せいちゅうりかい=空きっ歯)

真ん中の前歯の2本の間が開いている。

開咬(かいこう)

前歯が開いている

歯並びに影響する悪習慣

悪い歯並びは、後天的な原因も大きく影響します。ちょっとした悪習慣で、歯並びは悪くなっていきます。少しでも早い段階で、良い習慣を身に付けることが大切です。

  • 指を咬む行為は、前歯は「出っ歯」になります
  • 下顎を押しつけた姿勢は、臼歯の咬み合わせが反対になってします。顔も曲がって成長する可能性もあります
  • 下顎を押しつけて本を読む行為は、下顎が後退してしまいます
  • 舌を咬むだけで、前歯が閉じなくなります
  • 唇をなめる、これだけで歯は「出っ歯」になります

矯正歯科治療のケース

歯並びの治療は、数年かかる治療から、患者さんが思っているより簡単に治るケースもあります。おかしい?と、気がついた時点で一度ご相談いただきたいと思っています。

上下の前歯の噛み合わせが反対になっているケース

図:噛み合わせが反対

図:噛み合わせが反対

歯が反対になっています。奥歯はしっかりと咬んでいます。装置で前歯を押すことで早く改善するケースがあります。

前歯が出ているケース

図:前歯が出ているケース

図:前歯が出ているケース

前歯の前に付与したワイヤーで前歯を後ろに押します。早い段階で治療を開始すると、短い期間で改善することがあります。

下の前歯が重なっているケース

図:下の前歯が重なっているケース

図:下の前歯が重なっているケース

床を拡げて、下顎を拡大します。下顎の拡大後はワイヤーで歯をサンドイッチにして、歯の位置を修正します。子どもの場合は、比較的短い期間で治ることが多いケースです。

矯正歯科治療の費用

当院で取り扱う床矯正の治療については、早期に治療を開始すると、装置の数も少なく費用も時間も少なく済むことが多いです。矯正を始めようか検討される場合「少し様子をみよう」を思われるかたも多いですが、親が見て「おかしいかな?」と感じるときは、歯科医師の立場から見ても何か問題があることがほとんどです。ぜひ、お気軽に一度ご相談に来てもらえればと思っております。

治療費の目安

初診料・検査代を含めて合計10万円程度からとなってきます。

  • 精密検査費:30,000円(税別)
  • 1装置の製作費:70,000(税別)
  • 定期検査費:1,500円(税別)
  • 修理代金:1,500円~5,000円(税別)

無料相談

当院では、歯を抜かずにあご (歯を支えるほね) を拡げて歯を並べる床矯正を行います。無料相談では、これまでの症例をご覧いただきながら、治療法やご予算をご説明していきます。「こんな悪い歯並びでも、本当に歯を抜かずに治るのかなぁ?」とご心配な方、ぜひ一度親子でご相談下さい。